分福茶釜

必要十分と、少しの贅沢

24時間の内、いかにネガティブな時間を減らすか

考えても無駄なことを考えるのをやめる、ということが最近のテーマです。

 

きになる人ができると、どうしてもその言動を深読みしてしまう。

 

深読みして、だいたいはネガティブな方向へ妄想が広がって死にたくなってしまう。

 

そして、ヒステリーなラインを返してしまって、さらに返事がこなくなって、反省と自己嫌悪の嵐、、

ということがよくあるし、最近もありました。

 

人の気持ちは考えてもわからないです。

 

返事が遅いのはなんで?と聞いたら「忙しかったから」と。

本当に忙しかったのかもしれないし、ただ単に私の優先順位が低かったり、めんどくさかったりしたのかもしれない。

 

それは、どっちが本当なのかわからない。考えてもわからない。本人にしかわからない。

 

じゃあ、もう考えるのやめたいなと思うのです。

言葉を言葉以上にも以下にも受け取らずに。

 

忙しかったのなら。「ああそうなんですか」って。

 

そのためには、人間に必要なのんびりとかまったりとかぼーっとする時間以上に時間の余白を作らないことなのかなと思いました。

 

人間24時間ずうっと働きづめで忙しいのは辛いから、ある程度のぼけっとする時間は必要だと思うのだけど、あんまりにもぼけっとする時間が長いと、妄想の世界に行ってしまう。

だから、仕事中は仕事を真面目にして。最近ジムに入ったから、家でネガティブになるくらいなら体を動かして無心になって。家では簡単にご飯食べて、洗濯とか家事をして。そんで夜はとっとと寝たいと思います。

 

夜早めに寝るとか、無駄にグダグダ夜更かししないというのも、ネガティブにならなり良い方法なんじゃないかと思います。

だいたい好きな人のことを考えて、どうしても不安になったり切なくなったりするのって真夜中な気がします。

 

真夜中ってろくなこと考えない。だから、睡眠薬飲んででもとっとと寝たいです。

本当かどうかわからないことでうんうん唸って苦しむくらいなら、眠っていたい。

 

24時間、余計なことを考えることが内容に、無心になれる時間を作り出そうと必死です。

 

あの人のことなんて忘れて生きれますように。

 

楽しい時間で埋め尽くしたい

これは自分に言い聞かせたいことなのだけど、

悲しいこととか、寂しさとか、そんなことを考えている暇をなくすためにも、

たくさん、たくさん予定を入れて、そんなことを考える余裕を無くさなきゃ。

 

私は、友達も少ないし、趣味もないから、

構ってくれる、素敵な人ができるとその人にすごく入れ込んでしまう。

 

連絡が私の方からばかりだと、私に興味ないかな?とか、重いかな?とか思ってぐずぐずじめじめしてしまう。

そんな女は嫌だと思う。自分でも嫌だし、向こうも嫌だし。

 

私はそういうのが多いから、なんだかマイナスな気持ちでいる時間が多くなってしまう。

 

だから、そんなこと考えている暇がないように、たくさんたくさん人と会う予定を入れたい。

入れたい。

 

いろんなものや人に恋をして、執着する矛先をたくさん、たくさん分散したい。

 

そして、連絡がちょっとこないくらいでじめじめする女からは脱却したい。

 

これは、私の目標の一つ。

 

 

 

過去の思い出をうっとり眺めている暇はない

悪いことなんて忘れてしまえ、とかはよく聞くけど

良いことだってまあ、忘れるというか、忘れたように生きるのも良いのかもしれないと思う。

 

嫌だった記憶を脳内でリピートするのは気が滅入って、よくないのはもちろん。

素敵な思い出を頻繁に取り出してうっとりと眺めるのも、なんだか今に集中していないなと思う。

 

昔のことを思い出す事は苦しい事だと思う。

よかった記憶を取り出している時間でさえ、ああ、それに引き換え今は、、と、なんだか感傷に浸ってしまっていると思う。少しは。

 

そんなことにたくさん時間を使うより、ボケーっとしているほうが脳は疲れないんじゃないだろうか。

まあ、ボケーっとしたり、新たなワクワクを見つけたり、本読んだりなんや感やしてるほうが、リフレッシュできる気がする。

 

でも、過去のことを一切忘れてしまうのは寂しいから

これは、と思ったことはきちんと記録していかなきゃなあと思う。

 

記録できたら今に集中。

 

たまに振り返りたくなったら、書いたものを読んで見る、と。

 

そうしたほうが疲れないし、今に集中できるから楽しいことを発見しやすいんじゃないかなあ、と思った。

 

おすすめ商品紹介したって

私が最近気に入って使っている洗顔は、ロゼットの黄色のチューブのやつ。

泥が入って流けどつっぱらないし、ハーブのクリーンな香りがする。

 

それにるるるんの沖縄のパックをつけたら、とてもぷるぷるになっていい感じ。。。

 

というおすすめをここで書いたところで、何になるのか、と思う。

 

人の肌なんて人それぞれじゃないか、と。

 

ツイッターでよく見る、おすすめコスメも、Instagramで憧れた新作コスメのお試し動画も。

 

人の肌質とか肌の色は違うんだから、なんだか、そこまで参考にはならないような気がする。

 

この色素敵!と思っても、私のくすんだ肌に載せたら、その口紅は。。。という感じで。

 

気づいてきてしまった。

 

やっぱし、自分の肌で地道に試していくしかないらしい。

 

参考にする程度で、その情報に振り回されすぎないようにしたいな。と思います。

パターンを変えて退屈を騙す

自分の生活スタイルを確立するということには憧れるけど、

毎日ワンパターンの生活は飽きるから、少しづつ変えて変化を楽しむのがいいんじゃないかと最近思う。

朝ごはんだって、ご飯に飽きたらパンに。

スキンケアも、シンプルな化粧水に乳液だけだと飽きて効き目というか、変化も感じづらくなってくるから、パックを毎日して見たり。

コーヒーばっかじゃなくて紅茶を飲んで見たり。

 

人生長いからワンパターンだと飽きてくる。

 

私はこれなの!!と決めつけづに。

人間の心は変わるし、世間も変わるから、

飽きたり、変えた方がいいなーと思ったら、自分のスタイルとかなんとか言ってこだわってないで、自分の求めるものに変えてもいい、し。

 

毎日マンネリ、と思ったら、なんか小さな事でも変えて見たら、気分転換になっていいのかもな、と。

 

 

 

日々仕切り直し

月曜日がやっと終わった。

 

まだ月曜だけどなんだか、いつものごとく疲れてしまった。

 

これから曜日が進みに連れて、疲れが重く、しつこくなって行くのかなあ、

と思うと恐ろしい。

 

毎週、今週こそは軽やかに乗り切りたい、と思うけど、どうしても、

どこかでドッと疲れてしまって、張り切った分さらにぐったりしてしまう。

 

なんとか仕切り直して、気分転換して、うまく生きて行くしかないのだろうなと思う。

 

疲れや嫌なことはもちろん、調子がいい日だって仕切り直し。

 

プラスな状態も結構、調子に乗ってしまってよくないと思うから。

 

フラットな状態に戻して、また明日を迎えられたらいいな。

 

今日あった嫌なこともいいことも心の中に流れている川に流してしまおう。

 

私たちは何にも持って生まれないし、死ぬ時だって、あの世には何も持っていけないのだし。

この世は空虚だということを思えば、淡々とできるのではないかなあ。

 

生活は毎日毎日、休みなく続くからこそ、自分できちんと区切れを作って、

気分を新たにする仕掛けを作らなければならないのだと思う。

 

そういう仕掛けが、昔の人が作った季節の行事だったりするのかな。

 

現代では、そういう行事がおろそかになっているから、区切れを感じづらいかも。

 

ハロウィン!とかクリスマス!とか、なんだかはしゃぐための季節のイベントは発達してるけど、それは人生の区切れを意識するというより、商業的な、お金を使わすための仕掛けって感じがするし。

 

人生の切れ目を感じづらい現代は、自分でなんらかの区切れを作って、

意識的に仕切り直したり、とめどなく続くように思える人生の物差しとして、

人生の有限さをかんじなきゃメリハリがないかもなあ。

 

なんだか24さいだというのに、色気も何もない寂しい感じになってしまってるけど。。

 

とりあえず、明日もいい日になるように、仕切り直しがんばろ。

 

 

 

 

 

きっと、いつだって幸せ

この日記の過去の記事を遡ってみたら、案外2年くらいやっていて驚いた。

 

時が経つのは早いなあと思う。

 

昔の記事をみてみると、過去の自分の価値観が現れていて、恥ずかしいけど懐かしくなった。

 

どうでもいいことで必死になってたり、困っていたりしてたなあ、と。

 

就活がなかなかやる気が出なくてうまくいかないこと、

モラハラな彼氏の存在に悩んでいたこと、

新卒で入った会社が辛くて、自分の時間をなんとか最大限にリラックスしたいと思っていたこと

仕事をやめて、自由に酔いしれていたこと。

色々あったなあ、と懐かしく思った。

 

でも、なんだかんだ、あの頃も楽しかったのかもなあ、と思う。

 

なんだかんだ、楽しかったかも。

 

後になってみてわかるけど。

大学時代、卒業旅行に行くためにお金をためてたのも、なんか楽しかったなあ。

彼氏に旅行に連れてってもらったのも、楽しかった。

仕事やめて、恋をして、なんだか楽しかった。

 

今は、なんだか空虚な気持ちになって、早く終わりの日がくればいいのにな、なんて考えてしまうことも多いけど、

きっと今日だって、後から考えたら、なんだか楽しいと思うんだと思う。

 

だから、毎日大切にして、死にたいなんてくらいこと考えるのも、まあ人間だから仕方ないけど、楽観的に、幸せを貪欲に探してみるのもいいのかもなあ、と思った。

 

期待は少なく、でも変に空虚を気取らずに。