分福茶釜

幸せな毎日

この世であなたとデートしたい

 

さよなら2017年。 

今年は色んなことがありました。

 

大学をギリギリで卒業し、

なんとか内定もらった会社に入社、

なんとなく感じていた違和感に耐えかねて退社

そして、今、気ままなフリーター生活

 

これからの未来と、今の自分にわくわくしています。

 

親は心配しているけど、私は、今までの自分より、今の自分が好き。

 

今までの人生といえば、無難の人生。

 

進路は全て世間の「常識」に決めてもらっていました。

 

潰しが効くことが最優先で、進学校に進んで、そこそこ有名な私立大学に入学。

学部も、大して興味はなかったけど法学部へ。

4年生になったら就職活動をして、どこかの会社へ入る。

したくなくたって、それ以外の選択肢はないんだろうな、と

決まり切った流れに絶望していました。

 

入社1年もせずにやめるなんてゆとりだとか、

大卒でフリーターになるなんて、頭がおかしいとか

 

おそらくそう思われていることでしょう。

 

でも、私の人生は私が生きなければならないので、

私が好きなように生きなければくるしい。

 

俗に云う、社会一般的な進路に、

一人一人違う人間が、全て当てはまるんでしょうか。

 

ごめんなさい、

私は、社会一般的な進路が苦しくて、ダメでした。

優秀な人みたいに、有名企業に入れる器量はなかったし、ちっさい会社で働き続ける忍耐もありませんでした。ごめんなさい。

 

でも、それを赤の他人に非難される筋合いは全くないです。

親だって、私の人生を生きるわけではないのだから、

私が楽しく生きれる人生を歩ませてもらうよ!!と、

急に、自分勝手なモードにスイッチが入っています。

 

 

ずーっと、何かにとらわれていたようでした。

 

「そこそこいい大学には入れなければ恥ずかしい」

「いい会社に入れなければ恥ずかしい」

「3年は勤めなければ、話にならない」

「フリーターなんて未来がない」

 

いつだって、ああいう風にはならないように、と生きてきた人生でした。

 

でも、なんとなく気づいてきたんです。

命や若さに限りがあるということに。

死んでしまっては楽しいことはできないということにも。

 

私は1度きりの私という身体で臨む、この世の見物を楽しみたい。

たった一度の短い「若さ」をたくさん使い尽くしたい

 

自分にフィットしない道を、「常識だから」という理由で歩み続けることを

やめることにしました。

人生で初めての、大きな我儘だと思います。

今までずっと避けてきた、責任が伴う大きな我儘

 

常識に従うことは楽ですよ。

だって、私が選ばなくても良いのだから。

責任も転嫁できる。

 

だけど、そんな人生は楽しくなかったんです。

 

きちんと自分で自分のことを決めて、責任を負わなきゃ

人生楽しくないみたいです。

人間がゆっくりと腐って行くような感覚になるみたいです。

 

 

美しいものをみて、美味しいものを食べて、好きな格好をして、

好い男と遊んで、恋をして、圧倒されたい

 

私の人生はこうでありたいです。

 

だから、この世で生きてるうちに、あなたと楽しいデートができるように。

 

自由気ままに生きてみることを選んでみた2017年でした。

 

初詣はヴァチカンがいいな、などと考えている阿呆でした。

ごめんなさい!笑

 

 

 

 

家をホテルのような空間にしたい

頭の中がごちゃごちゃする。

目から入ってくる情報が多くて疲れてしまうのかもしれない。

この部屋に引っ越してきたのは2年前だというのに、

まだ引っ越しの段ボールなんかがあったりして忌々しい。

 

自分の荷物ならまだしも、キッチン用具とか、

家族のものが入っているから処分に困る。

 

自分の部屋にいるだけで疲れてしまうというのは、なんとも悲しいことだなあと思う。

 

ついこの前、ずっと捨てようと思いつつ

未練がましく部屋の片隅に固めていた古い服を思い切ってゴミ捨て場に置き去りにしてきた。

そうしたら部屋が少し広くなって、すうっと風の通りがよくなった感じがした。

 

まだ着れる服が多く、ずっと部屋に置いていたのだけれど、手放しても、私の生活に何の不都合もない服たちだった。

 

そんなものが、私の部屋にはまだたくさんあるのだと思う。

 

こんな風に部屋にいるだけで頭がごちゃごちゃしてしまうときには、

ホテルのようなシンプルな空間に逃げ込みたくなる。

 

思えばホテルの部屋は、不要なものがほとんどない。

余計な情報がなくて、心が落ち着く。

 

自分の部屋も、自分の生活になくても何の影響もないものは全て捨ててしまいたい。

ずっとそこにあることは知っている、

あの衝動買いした蛍光みがかった色の大量の韓国製のリップカラーも、

まだ着れそうだと思って1年以上箪笥に眠らせてあるあの黒のスカートも。

目に見えないところに仕舞い込んでしまうのではなく、全て捨ててしまえばいいのだ

 

捨てるときの一瞬が辛いだけなのである。

 

それは、どこに置いてあるかの問題で、

自分の部屋にあるのか、ゴミ処理場で燃やされて溶けているかの違いだけなのである。

 

 

 

フローフシ +1℃

フローフシのリップとても潤う!

内側から潤ってる感じ

ふっくらする。

つけるのが楽しみになる感じ。

縦じわがぼやけて、消える。

 

+1℃買ったけど、他の色も欲しくなる。

 

オペラのティントルージュのツヤが消えたら、お直しでこのフローフシ使う予定。

 

寝るときも、日中も使える。

とてもいい感じ。お気にいり。

 

f:id:huwatamago:20170828020417j:image

自分の体に優しく

家から駅までは徒歩で20分かかるので、無理せずバスを使う。

 

お弁当を持っていくのは経済的だけど、小さな箱におかずを詰める事も、お弁当を持っていく事も、疲れて帰って洗い物をする事も億劫なので、コンビニで買ってしまう。

 

家に帰ったらさっさとお風呂に入る。

 

最近胃腸が弱いので、お鍋とかできるだけあっさりしたものを食べる

 

お酒という気分ではないから、ビールは控える。

 

お風呂上がりはリンゴ酢を冷たい水で割ってゴクゴク飲む。

 

ストレッチをしてとっとと寝てしまう。

 

 

ここぞという時のGODIVAのチョコドリンク

GODIVAのチョコドリンクを飲むと頭がガチャガチャと回り出す感じがする。

 

4日前に気づいた。

 

私は会社終わりに教習所に通っているのだけれど、

その日はすごく理不尽なことを言われて腹が立って、落ち込んでいたから

普段は高くて飲まないGODIVAのチョコドリンクを可哀想な私に買ってあげた。

 

お腹も空いてたし、冷たくて甘いチョコドリンクがとても美味しくて元気が出た。

 

その日の運転はとてもうまくいって、これはいいなと思った。

 

昨日は教習所の筆記試験だったのだけど、頭がボケてて1点合格点に足りなくて再試験を受ける羽目になった。

今日は、気合を入れてGODIVAのチョコドリンクを片手に教習所へ向かった。

 

昨日の問題より難しい問題が多かったけれど、チョコドリンクのおかげか、頭が働く感じがする。

よく頭を働かせて注意深く問題を解いたら、思ったよりも余裕で合格した。

 

やっぱり、このドリンクはエナジードリンクだなと、感謝した。

 

GODIVAの高級チョコがたっぷり溶けたこのドリンクは600円と少し高価だけど、ご褒美と栄養と験担ぎで、たまに飲もうかなと思う。

 

ねぎをたっぷり入れて食べるお味噌汁

無印で買った赤の漆のお椀は

私が大学生のころの、一人暮らしを始めるときに買ったもの。

 

漆のくせにほんとにうるしなのか?ってくらい

食洗器にガンガンかけれる手軽なお椀にインスタントのお味噌汁を。

 

味噌と乾燥した具をあけて、買ってきたすでに誰かが刻んでくれた刻み葱を

どっっっさり、それはもう、どっさり入れて

その上から熱々のお湯をかけてねぎに火を通して

食べる

というのが、私の小さな幸せを感じる瞬間です。

 

程よく食感の残った葱がおいしいです。

インスタントの味噌汁に、ひと手間といえないほどの小さなてまをかけて

食べるのが好きです。

 

三つ葉やみょうがを刻んでおいて、同じようにインスタント味噌汁にどっさりいれてたべるのも好きです。

 

 

DIorと私

先日友達がプレゼントを買うからということでデパートのDiorについていった。

やることもないから適当に香水の香りを試して待っていた。

 

BAさんが私に近づいてきて、手首に香水をふってくれた。

 

その香りがとても気に入ったけれど、とても高価だったから買うのはやめた。

 

友達がプレゼントとして買ったステラーの92番というグロスは青色のラメとピンク色が夢のようで、他のグロスとは群を抜いてダントツにかわいかった。

人気商品だし、私もほしいななんて思ったけれど、買うのはやめておいた。

 

Diorに並べてある商品はどれも優雅で、素敵だったけど、私がこれを持つことに何の意味があるんだろう。

 

そりゃ、Diorのリップや香水を持っていたらテンションは上がるしうきうきするけど、

 

ただでさえお金がない私が、こんな高価なリップや香水を身にまとってどうするんだろう。

私のこのへんてこな顔に、こんな夢みたいな青ラメのグロスが似合うんだろうか。

つけたって、どっかの安いコスメに見えるんじゃないだろうか。

 

この安物で固められた私の身なりに高級感あふれるオードトワレを身にまとってもちぐはぐじゃないだろうか。

この香水を1万円で手に入れる前に、靴を新調したり、美容室に行ったりした方が、ずっと身の丈に合っていて、私を素敵にみせてくれるんじゃないか。

 

小娘が不自然な香りを漂わせてるな、とか、服の割にど派手なリップグロスつけてんな、とか思われないように、

素敵な香りがしっくりくる、なんだったら安いコスメがDiorに見えるくらいの、素敵なおねえさんにならなきゃなと思いました。

 

ジャドールのムエットだけが、数日経った今でも夢みたいに香っています。

 

クリスチャンディオール ジャドール インジョイ EDT オードトワレ SP 50ml NEW CHRISTIAN DIOR J'ADORE EAU DE TOILETTE SPRAY【並行輸入品】