分福茶釜

幸せな毎日

大学入学して最初どうすればいいか不安な人へ。

春です。

桜もちらほら咲き始めて、気づけはもう4月。

思えば3年前のちょうど今頃、私は大学の入学式に対する不安に震えておりました・・

 

友達できなかったらどうしようとか、学校までめちゃめちゃ遠いなあとか、私以外もはや友達だったらどうしよう!!とか(どういう状況

 

なにかがはじまる前はめちゃめちゃ不安です。

特に私みたいなコミュニケーションあんま好きじゃないひとにとっては相当不安なだと思います。

そこで今日は私と同じように、大学生活に不安を感じている人に、こうしておいたらいいでな!という私なりのアドバイス的なことを書いていこうかと思います。

 

1.入学式で作る友達は大体長続きしないから気楽に!

入学式を目前に控えて、「ああ・・友達作らな!情弱になってまう!」と憂鬱な気分になっている人もいるのではないでしょうか。

でも大丈夫です。憂鬱になる必要はありません!

たぶんあなたが入学式などでとりあえず声をかけて作った友達は、1か月後には疎遠になっています。

入学式で友達ができないことが大学生活に与える影響はほぼ無し!

入学して最初の頃はカオスです。それぞれがぞれぞれの部活やサークルの新歓に行き、新しい知り合いができまくり、どんどん人間関係が更新されてゆきます。

気の合わないものは淘汰され消えゆくのです。

だから、何が何でも入学式で声をかけなきゃ!と危機感を持つ必要はあんまないです!

 

?でも情弱になってまうのでは・・

多少情報の入りに差は出てくるかもしれませんが、履修とかの期限守れば死なないので大丈夫です。

 

!入学式で友達を作るメリットもあることにはある

友達を作っとけば、サークル見学の腰が重くないというメリットがあります。

一人だとどこのサークルを見に行っていいかわからず立ち尽くしてしまうかと思いますが、そこそこ趣向の似た子と知り合いになっていれば、「いっしょに見に行こー!」となってスムーズにいろいろ見に行けると思います。

まあでも、入学式で知り合いができなければ負けなんてことはありませんので、式に出て、サークルの勧誘やってたら適当に1、2個見て、さっさと帰るのも大いにありです。無理せず行きましょう!!

 

2.最初のうちは辛いけどコミュ力爆上げで頑張ろう

私は人と話すのがめんどくさくて苦手です。

でも!入学当初は持てるコミュ力を総動員して生活しました。

サークルの見学に(私は1個のところに大体決めて)ほんとは帰りたかったけど毎回行って、知り合いと交流を深めましたし、人と話しまくりました。

隙あらば話しかけて聞きまくりました。

「何学部なの??」「どこ出身なの??」「どこすんでるの??」

 

最初のうちはカオスですからいっぱい話して、趣向のあう友達を見つけましょう!

自己紹介させられまくりますので、適当に考えておくといいかも!考えなくても全然いいけど!

 

3.教科書は古本屋で

履修登録したら今度は教科書買わなきゃいけなくなります。

教科書はまともに買うとバカ高いです。

なので古本で買うのをお勧めします。

一つ注意しなければならないことは、最新版じゃなきゃダメっていう授業もありますので、一回目の授業で教科書情報を聞いて、確認してから買うようにしましょう。

 

 

4.授業はちゃんと出席したほうが無難

基本的に授業に出といたほうが試験前の精神状態が圧倒的によいです。

一回生は一番モチベーションが高い年次かと思いますので、今の内にちゃんと出席して単位を取っときましょう。

自由だーーーと授業を飛ばずに、最初は!最初位は!こつこつ行きましょう。

年次が上がるごとに、モチベーションは少なからず下がってゆくかと思います。

それに、1年次の単位取得状況が後のモチベーションに大きく影響すると思います。

1限眠いですけど頑張りましょう!

 

 

5.結局、趣味の合う友達を見つけれるかどうか

大学生活の充実度に大きくかかわってくるのが心の通じ合える友達がいるか否かです。

上辺だけの、一通りの会話が終わったら話のネタに困ってしまうような友達だけでは楽しくないと思います。たぶん苦痛です。

自分の性格にあったサークルや部活に入って、話の合う友達を作りましょう。

ずっと一緒につるむ友達がいなくても、話の合う、暇なときにご飯たべに行ける友達がいれば心は荒みません。

一緒にいて楽しい子がいたら、一人でお昼を食べたって孤独はそんなにないです。

社会に出てから友達を作るチャンスはなかなか少ないと思います。機会に恵まれている今、素敵な友達に巡り合いたいところです。

 

 

 どうでしょうか・・、お役に立てましたでしょうか?

少しでも、私と同じようにとりこし苦労をしようとしているあなたの心が楽になっていればいいなと思います。

 

きっとあなたにとってこの大学入学の春は 思い出深い、深い深い季節になると思います。

そんな素敵な、一生で一度の春を、気楽に楽しく過ごしてくださいね~!

 

 

 

何を極めるのかはわかりませんが、こういうの入学前によむとテンション上がるかもしれませんね!こういうのは読んで終わりじゃなくて!ちゃんと実行しなきゃ意味ないので、読んで満足しないよう注意が必要です!

大学生活を極める55のヒント

大学生活を極める55のヒント

 

 

 

 レポート書かされることも増えるかと思います。起承転結のある、きちんと整った文章を書く能力が求められます。そしてその能力は大学を卒業してからも、必要な能力かと思います。

新版 大学生のためのレポート・論文術  (講談社現代新書)

新版 大学生のためのレポート・論文術 (講談社現代新書)

 

 

 こんなリュック持ってるやつ山ほどいます。

缶バッチつけまくった邦ロック大好きな軽音少年(きのこ頭)とか必ず見かけると思います!お楽しみに!