分福茶釜

ぶんぶくちゃがま

丁寧に一日を過ごしたい。

入社して一か月。

慣れも手伝って、毎日に新鮮さがなくなってくる。

何もかもがかったるく、我慢出来なくなってくる時期に突入した感じがします。

ああ、これが5月病というやつか、と学生時代の五月病は偽物だったんだなと分かりました。

 

職場環境が嫌で、イライラしてお酒を飲見過ぎてしまうことがここ最近多かったです。

部屋は汚いし、会社でミスをしてしまうし、不満ばかり言って笑顔は作れないし。

ダメウーマンな感じです。

 

さっき、松浦弥太郎さんの『今日もていねいに』という本を引っ張り出してきて、何気なくパラパラ読んでました。

 

学生だった頃は、ふーん程度にしか思わなくて仕舞っていた本なんですが、社会人になると心に響く内容が多かったです。

 

つまらなくて息苦しい毎日をていねいに、あたたかく過ごす為のコツが沢山書かれてる感じがしました。(学生時代はつまらないけど息苦しくはなかった)

 

毎日つまらなくて嫌で、やめたくて、休みだけが楽しみの一週間で、少しやけになっていた私にとっては、自分の生活を改めたいなと思わせてくれる本でした。

 

つまらないからこそ、身の回りの物を気に入ったものにしてモチベーションを上げたいし、食べるものも気を配りたい。

 

この一か月ばたばたして、時短ばかり考えていたけど、時短時短では息が詰まる事に気づきました。

物にはかけるべき一定の時間があるんじゃないかとさえ思います。

会社の為に自分の時間までつまらなくしてしまわないように

きちんと自分にも時間を使ってあげたいです。

 

明日は、机の上をかたずけてきれいに拭いてしまって、床も椅子の脚も拭きたい。

せっかくのお休みだからにこにこして軽やかに過ごしたい。

 

死にたいなんて思わないように、連休で心も生活環境も立て直したいです