読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

分福茶釜

ぶんぶくちゃがま

「欲しい物」なんてもんは存在しないのかもしれない

私は毎日欲しい物が出てくるので欲しい物リストを作ったりする。

手帳やノート、付箋やアイフォンのリマインダー、メモ帳等、あちこちに欲しい物リストを作成し、忘れる。

 

たまにふと、ノートやリマインダーやメモ帳を見返していると過去の欲しい物リストが出てくる。

読み返すとたいてい今は欲しくないものだったりする。

 

あの時はあんなに欲しくて欲しくて何度もウェブページを訪れて、メルカリで探して毎日売り切れてないか確認してたアレが、今はどうでもいい。

 

買わなくてよかったなーとも思うし、あんなに情熱を注いでいた事が馬鹿らしくも思えてくる。

 

そんな経験を何度かするうちに、私には欲しい物がないような気分になってきた。

欲しい物は欲しくなくなるから。

 

私にとって「必要な物」はあるのかもしれないけど、「欲しい物」は無いのかもしれない。

3か月間、ずっと欲しいと思い続けた物は、本当に「欲しい物」なのかもしれないけど、そんな物はめったにない。

 

気まぐれに似たような色のリップを買うより、お母さんに何かプレゼントを買った方が、いかにも有益なんじゃないだろうか。